化粧品の力

化粧品の力 / タイトル

化粧品に使用期限があることを知らないと危険

化粧品にも使用期限があります。そのことを知らないまま使っているのは危険です。メーカーやアイテムによっても違いはありますが、目安として基礎化粧品で未開封であれば三年、開封後は半年を目安に使うようにしましょう。使用期限が過ぎてしまったものを使い続けてしまうと肌トラブルを招くことになります。アイテムによって期限を絶対に守るべきものがあります。その代表はマスカラやリキッドアイライナーです。目元に使用するものですからダメージが大きくなりますので、開封したら三ヶ月以内に使い切るようにしましょう。化粧水や乳液、美容液や洗顔料などといった基礎化粧品は半年を目安にしましょう。リップグロスやリップクリーム、口紅などといった口元に使うアイテムも、舐めたりなど身体に直接入ってしまうリスクがありますので六ヶ月以内に使い切るように心掛けましょう。変色していたり、酸っぱい臭いがしたり、分離しているなど状態の悪いものは危険ですから捨てるようにしましょう。

知らないと大変なことになる化粧品の使用期限

化粧品には使用期限があり、それを知らずに使っていると思わぬトラブルを招いてしまうことがあります。皮膚のトラブルはもちろん、アイメイクであれば目のトラブルに繋がりますし、口紅などの場合には口から体内に入ったりしてトラブルになる場合もあります。綺麗になりたくて使うもので肌が汚くなったり、体調を崩してしまったりしては大変です。化粧品も腐るのだということを知り、使用期限内に使いきるようにしましょう。使用期限が過ぎてしまったものについては捨ててしまうようにして、トラブルを遠ざけるように心掛けましょう。期限内であっても、管理の状態が悪いと腐ってしまうこともあります。フタは必ず閉める、クリームはスパチュラを使う、口紅は清潔なブラシで取る、パフやブラシは定期的に清潔にする、など、使い方も大切です。日光の当たるところや湿度の多いところは避けてなるべく涼しいところに保管するなど保管場所にも気を配りましょう。バッグなどに入れて持ち歩くときには、状況によって傷みが早くなることを考慮に入れておきましょう。

pickup

婚活のアプリを探す
福岡の茶道具買取ショップ
別れさせ屋案内

2017/11/9 更新

 

トップへ戻る▲