化粧品の力

化粧品の力 / タイトル

キチンとしないと怖い化粧品の管理

化粧品は腐ります。キチンと管理しないと健康被害がでたり、肌トラブルを招いたりと困ったことになりますので、キチンと管理することが必要です。使用期限が決められていますが、保存の状態が悪ければ雛質は劣化してしまいます。特に最近はナチュラル志向で防腐剤などが少ない製品も増えてきているため、そのような製品を選んだときには劣化が早いですからより注意が必要です。化粧品には、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などが簡単に繁殖してしまいます。知らずに使用期限の過ぎたものを肌に付けてしまうとニキビが出たり、かぶれたり、カユミが出たり、色素沈着してしまったりします。口紅のように口元に使うものは体内に入ってしまうこともありますし、マスカラなど目元に触れるものは危険も高くなります。直射日光や高温多湿、温度変化の激しい場所での保管は避け、フタをキチンと閉めるなど使い方にも気を配りましょう。基礎化粧品はもちろん、日焼け止めやファンデーション、マスカラやアイシャドー、チークなどにも使用期限があります。バッグに入れて温度変化の激しいところへいけば、中に入っているものも影響を受けます。車の中に置きっぱなしにするなど管理が悪いと思いのほか早く傷んでしまいますので、注意するようにしましょう。

肌トラブルを改善したいなら化粧品を見直そう

肌トラブルを改善したいのなら、まずは手元にある製品をチェックするところから始めてみるとよいです。化粧品には使用期限がありますし、保管の状態が悪ければ腐ります。添加物の少ないものであれば、その分、腐りやすくなります。かぶれたり、かゆみがでたり、ニキビなどができたりした原因が、劣化した化粧品による影響である可能性もあります。スキンケアコスメだけでなく、メイク用コスメも腐ります。使用期限は、マスカラで三ヶ月、ファンデーションで半年から一年、口紅で二年、リップグロスで一年、アイシャドウで三ヶ月、チークで一年など、思っているよりも短い期間で使用期限を迎えてしまいます。保管状況や使い方によっても変わってきますし、未開封の状態のものでも使用期限はあります。保管の期間が長くなってしまうと、使うときには使用期限を迎えているというケースも考えられます。パフやブラシの管理が悪ければ、パフやブラシに雑菌が繁殖してしまいます。使用期限内であっても、管理の状態や使い方が悪ければ雑菌は繁殖し、品質は劣化してしまいます。それを肌に付けることは、雑菌を肌に擦り付けているのと同じです。新しいものを購入する前に、肌トラブルを自分で招いていなかったか、確認しておくと良いです。

おすすめWEBサイト 5選

「全身脱毛総選挙 脱毛サロン料金比較」
浮気調査 大阪
ボディメイク 名古屋

Last update:2018/6/6

 

トップへ戻る▲